2017年04月24日

Shin Godzilla

シン・ゴジラ見ましたー、Aiko Oiです!

お、お。遅い、、、
遅いですよね、、、

映画館で見たいと思っていましたが
現在になってしまった、、、
音の魔術師たちからも
絶対見た方が良いって
去年言われていて、
現在、、、

しかもゴジラシリーズ初見、、、。
ゴジラの見せ方がすごかったですね〜。

そんでもって
初期のゴジラを見たくなって
見たのですが、、、

見ました、ゴジラ初期、、、
結構長い時間
余韻に浸ってしまいました

やっぱり

やっぱりさ、


芹沢だよね
SE・RI・ZA・WA
芹沢の気持ちがものすごく共感できました


私の性格上
内容は重ければ重い程
好きですからね〜

人間の生きている重みを
感じられれば
もうそれで満足なんですよ、、、


って音はちゃんと聞いてたのかね、、、?!?





posted by aikooi at 19:18| 日記

2017年03月28日

梅見2-Ume Blossom2-

最近は”春ぴあ”に釘付け
そんなAiko Oiですー

えーっと、
梅見に行きましたー

また?

って、またかい??

だってだって
今年は梅の種類によって
開花時期が全然違ったんだものー!


という訳で
遅咲きの梅林を綴りたいと思います

「谷の雪」
洗練された純白の花びらと
ガクの紅色が美しい

image-70e6b.jpeg


「摩耶紅」(まやこう)
八重でバラのような梅のお花

image-49ca3.jpeg


「御所紅」(ごしょべに)
なんともいえない
桃色の花びらが可愛いらしい

image-3f988.jpeg


「更紗錦」(さらさにしき)
お会いできるのにぎりぎり間に合った
枝の色が美しく珍しい
新梢枝には黄金色のキメラが入るらしい

image-778c8.jpeg

「見驚」(けんきょう)
今年の「見驚」はすごかった
早咲きと遅咲きの両時期
綺麗な姿を見せてくれました

image-b98f8.jpeg


「蓬莱」(ほうらい)
「蓬莱」は遅咲きなのですね
全ての梅林、綺麗でした

image-4ccc0.jpeg


遅咲きのタイミングで行くと
新梢という今年伸びた若い枝に
多く出逢えるのです

立派な梅林の木に
緑色の新梢がぶっきら棒に出ていて
若いっ!素晴らしいっ!て思いました

image-8a90f.jpeg

若いって本当に素晴らしい




posted by aikooi at 00:09| 日記

2017年03月05日

梅見-Ume Blossom-

梅の香りに包まれておりました、Aiko Oiです。
何年か梅見を堪能しまして
梅のお花の種類にも詳しくなり
今回は今年出逢った好きな品種を
いくつか綴りたいと思うのです


まず、こちら
「蓮久」(れんきゅう)

image-baaa9.jpeg

桃色の梅でいつも目を惹くのは
「蓮久」か「鴛鴦」(えんおう)ですかね
でも今年は元気な「鴛鴦」が
見れなかったのですよ、、、


お次は「紅千鳥」(べにちどり)

image-2c6a8.jpeg

紅色の梅です
紅梅は絵でよく見ますけれど
本当に紅色って思える梅に
毎年なかなか出逢えないのです
今年は貴重な出逢いでした


お次は「鹿児島紅」(かごしまこう)

image-4deb9.jpeg

濃いですね、紅色!
ふさふさな雄しべも紅色ですね


お次は「淋子梅」(りんしばい)

image-ae5a5.jpeg

八重にしては花びら足りてない、
そんな気が、、、
気象で変化しやすかったりするのでしょうか


お次は「月宮殿」(げっきゅうでん)

image-8fab2.jpeg

大輪の花々
初めての出逢いでした
神話に出てくるような名ですね


お次は「月影枝垂」(つきかげしだれ)

image-e7573.jpeg

こちらの梅
好きな方多いと思うのですよ
この青みを帯びた白い花びらと
緑色の枝とガクが魅力的


まだまだ続きますよ!
お次は「大盃」(おおさかずき)

image-bc6a6.jpeg

紅色ともいえるような
濃い桃色の花びら
赤紫色の花びらもあるみたいですね
ガクは濃い紅色


お次は「入日の海」

image-ed547.jpeg

image-b0c72.jpeg

薄い桃色の花びら
雄しべたちは
荒々しく交差している


最後は「春日野」(かすがの)

image-f9998.jpeg
紅白の梅のお花を咲かせる
見応えがありますよね
どんど焼きのおもちを思い出します


梅のお花は様々なガクの色と
花びらの色の組み合わせが
面白いんですよね

梅のこと考えてたら
何曲浮かぶかな、、、野梅!






posted by aikooi at 22:42| 日記