2017年06月11日

バラ園の旅4-Trip of rose garden4-

世間ではアジサイの話題に移りゆく中
まだまだバラ園の旅が終わらない、
そんなAiko Oiです

寒い地域ではバラはこれからなのですよ

今回は予告通り”バラとトゲ”の回でございます

トゲの付いたお花で最も有名なバラ
なぜトゲが付いているのかは
学者さんによって解釈がいろいろとあるそうで、、、
トゲって謎ですよね

今年出逢ったトゲを載せたいと思います

まず、”ポルカ”という名のバラ
お花屋さんでもよく見るようなトゲな気がします

IMG_5854.jpg


お次は、”コンスタンツェ・モーツァルト”という名のバラ
紅色のトゲで茎の幅と同じくらい長いですね

IMG_5856.jpg


お次は、”ショパン”という名のバラ
黄色みがかる緑色のトゲ
緑色から変色したのかな、うーむ、謎です

IMG_5855.jpg


お次は、”マイ・ルージュ”という名のバラ
細いタイプのトゲですね
お花の近くまでたくさん付いているけど、、、トゲ?

IMG_5858.jpg


お次は、”リオ・サンバ”という名のバラ
すかしてるトゲですねー

IMG_5857.jpg


ラストを飾るのは、何回か載せていますが
”ブルームーン”という名のバラ
刺さったら絶対痛いですね

IMG_5853.jpg


切り花では気づかなかったのですが
野生のバラのトゲは
日が経つにつれて
色が変色するのではないのか?
変色というよりはお花より先に枯れているのでは??

うむ、バラって思ってたより深い


これから寒い地域のバラ園を旅してきます
気温が違うとお花の色が多少変わるらしいんです


次回のブログは
音楽にちなんで名付けられたバラを
お贈りします!






posted by aikooi at 14:21| 日記